[HCG] 少女マイノリティ-慰めの愛- [pure more]

[HCG] 少女マイノリティ-慰めの愛- [pure more]
失恋や挫折等の味わった男女が、お互いを慰めるためにセックスを繰り返しその中で真実の愛を見つけ、時にはまた失敗していく姿を描く。

ある年の春。
主人公、伊達秋人は病の父親に代わって、まだ学生ながらもある仕事を手伝うため見知らぬ土地に引っ越すになった。
初めての土地に戸惑いながら、夜辺りを散策していると橋の上から今にも飛び降りそうな少女を発見する。
急いで彼女を助けたが、彼女は自暴自棄になっており突然「私をめちゃくちゃにして」と言い出し、 襲われるようにして主人公は彼女とセックスをしてしまう。
それから町を出歩いても彼女の姿を見つける事は出来なかった。
春の幻かと思っていた頃、秋人はついに仕事を手伝う日がやって来た。
そこは少し山の中にある西洋的な屋敷で自分の上司だと紹介された人はある夜セックスをした彼女だった。
参照元の記事を読む